開催概要

ワールドマスターズゲームズは、国際マスターズゲームズ協会(IMGA)が4年ごとに主宰する、概ね30歳以上のスポーツ愛好者であれば誰もが参加できる生涯スポーツの国際総合競技大会です。

オリンピックの翌年に開催され、第1回は1985年にトロントで開催され、直近では2017年に第9回大会がニュージーランド・オークランドで開催されました。

そして、次回2021年には、アジアで初めて開催されることが決定しています。第10回の記念大会、その舞台は日本・関西です!!

大会名 ワールドマスターズゲームズ2021関西
(英語表記:World Masters Games 2021 KANSAI)
主催 (公財)ワールドマスターズゲームズ2021関西組織委員会
共催 (公財)日本スポーツ協会
後援 スポーツ庁、(公財)日本障がい者スポーツ協会
開催期間 2021年5月14日(金)~5月30日(日) 17日間
競技種目
(全35競技59種目)
アーチェリー(アウトドア/インドア)、陸上競技(トラック&フィールド/10kmロードレース/ハーフマラソン/駅伝/競歩)、バドミントン、野球(硬式野球/軟式野球)、バスケットボール、カヌー(マラソン/スプリント/スラローム/ポロ/ドラゴンボート)、自転車(トラック/ロードレース/マウンテンバイク/BMX)、ダンススポーツ、サッカー(サッカー/フットサル)、フライングディスク(アルティメット)、ゲートボール、ゴルフ、グラウンド・ゴルフ、ハンドボール、ホッケー、柔道、空手道、ライフセービング、オリエンテーリング(スプリント/フォレスト)、ボート、ラグビーフットボール、セーリング(セーリング/ウィンドサーフィン)、射撃(クレー/ライフル)、ソフトボール、ソフトテニス、スカッシュ、水泳(競泳/飛込/水球/アーティスティックスイミング/オープンウォーター)、卓球、テコンドー、テニス、ボウリング、トライアスロン(トライアスロン/アクアスロン/デュアスロン)、綱引、バレーボール(インドア/ビーチ)、ウエイトリフティング
オープン競技
(全17競技)
※大会機運の熟成と大会参加機会を増やすことを目的に実施する競技。
パドルテニス/トレイルランニング<滋賀県>、ボート<大阪府>、カヌー(カヌーリレー)/囲碁ボール/ペタンク/ローンボウルズ<兵庫県>、インディアカ/スポーツ吹矢<和歌山県>、グラウンド・ゴルフ<鳥取県>、ビリヤード/マラソン/ラフティング/サーフィン/タッチラグビー<徳島県>、ペタンク<京都市>、フラッグフットボール<神戸市>
開催地 関西各地域
競技種目開催地の詳細はこちら
目標参加者数 50,000人
【内訳】国外参加者:20,000人、国内参加者:30,000人
【参考】2009年シドニー大会<約3万人>、2013年トリノ大会<約2万人>、2017年オークランド大会<約3万人>
参加申込み 2020年2月~2021年2月(予定)