走って楽しい!食べて楽しい!淡路島玉ねぎマラソンに参加!

  • カラダを動かす
  • おいしい
  • ここだけ
  • やってみた
  • スポーツでにぎわう
  • 家族と一緒に
  • 子どもと一緒に
  • ハーフマラソン
兵庫県
走って楽しい!食べて楽しい!淡路島玉ねぎマラソンに参加!

この記事は、兵庫県への緊急事態宣言発令期間外の2021年7月に行なった取材をもとに制作しています。マスクを外しての写真も一部撮影しておりますが、取材は原則、その時点の環境下で推奨されていた新型コロナウイルス感染症対策(マスク着用など)のもと実施しました。

関西の人間である筆者からすると、淡路島は近すぎも遠すぎもしない、丁度良い観光地だ。
観光もレジャーもグルメも、主なアクティビティーなら何でも揃っており、目的を定めなくても、そこに行くだけで何かしら面白いことがある。

そして、瀬戸内海特有の温暖な気候の淡路島を語るうえで外せない特産品が、玉ねぎ。
ある日、ズボンの後ろポケットの携帯から通知音が鳴った。
画面を覗くと、特色のあるランニング大会の企画運営を得意とする団体・チームゼロから「玉ねぎリレーマラソン開催決定!」のメールが。
チームで競う普通のリレーマラソンではあるが、エイドでは、水でも食糧でもなく、生の玉ねぎが振舞われるらしい。
これは……行くしかない!

超満喫! 玉ねぎエイドは大盛況

早速チームメンバーを募り、当日は友人と車を乗り合わせ、わくわくしながら明石海峡大橋を渡り、数年ぶりに淡路島へIN!
7月独特の蒸し暑さはあるが、会場の「サンライズ淡路」(南あわじ市)では老若男女、明らかに大学陸上部の兵(つわもの)から小さな子供連れの家族まで、みんな笑顔で、思い思い楽しんでいる。
<font color='blue' size='2'>がちランナーは本気で速い!</font>
がちランナーは本気で速い!
<font color='blue' size='2'>ノリノリで走る筆者。仮装ランナーもたくさん!</font>
ノリノリで走る筆者。仮装ランナーもたくさん!
「世界初! 玉ねぎエイド!」を掲げるこの大会。
エイドは予想以上の大盛況! 誰もが見たこともないほどの大きな玉ねぎに目を輝かせ、手に取って走りだす。
<font color='blue' size='2'>この玉ねぎの大きさ!艶!数!</font>
この玉ねぎの大きさ!艶!数!
<font color='blue' size='2'>どの玉ねぎがいいかな?どれも美味しいです!</font>
どの玉ねぎがいいかな?どれも美味しいです!
チーム関係なく応援し合い、笑い合い、語り合い。
みんなで繋ぐのは、襷(たすき)と玉ねぎと……飛びっきりの笑顔!
玉ねぎマラソンは、人を笑顔にする大会だ。
参加者は一人残らず大はしゃぎ! もちろん、筆者も大はしゃぎ! テンションアゲアゲ!
最後は両手に玉ねぎを持って全員でゴール!
大量に獲得した最高に美味しい玉ねぎはメンバーで山分け!
この日のメンバーに感謝!
心地よい疲れと共に帰路についた。

今回カメラマンをつとめたゴトスポ記者・加納です。
仲西さんが玉ねぎマラソンに参加するとのことを聞きつけ、一緒に走りたいと思い、参加を表明しました。

南淡路島産の豊潤な玉ねぎをたくさん持ち帰れるとだけに、淡路島近郊から多くのファンランナーが参加していました。
もちろんガチランナーも記録を狙うため、はたまた、会社内の親睦を深めるためなど、様々なランナーが一堂に集っていた様子。

朝は少し雨が降っていましたが、お昼からは何とも心地よい風が緩やかに吹き、ランナーの調子を最高潮に高め、多くのランナーが玉ねぎ片手に颯爽と走っているではありませんか。

会場の和やかな雰囲気と美しい環境に、すっかり魅了されてしまいました。

<font color='blue' size='2'>取材しながらイベントも満喫する加納記者</font>
取材しながらイベントも満喫する加納記者

充実した施設と美しいコース

玉ねぎマラソンの会場となったのは、南あわじ市の「サンライズ淡路」
温泉を併設したホテルには、今回の本部が設置された芝生の広場のほかに、サッカーや野球のできるグランド、テニスコート、水車小屋やキャンプのできるトレーラーハウスなども併設され、広大な敷地を持つとても美しい場所だ。
ここだけで数日は楽しく過ごせるな。
<font color='blue' size='2'>四季折々の花が咲き乱れています</font>
四季折々の花が咲き乱れています
春から夏にかけたこの季節、淡路島では島内全域で特産の生シラス丼が食べられる。
「サンライズ淡路」のホテルでは、生と釜揚げの両方を味わえる、豪華なダブルしらす丼がメニューに登場!
<font color='blue' size='2'>サンライズ淡路自慢のダブルしらす丼(ホームページより)</font>
サンライズ淡路自慢のダブルしらす丼(ホームページより)
事前に調査し、絶対食べる! と意気込んでいた、食い意地の張った筆者ではあるが、うだる暑さの中走りながらのため食欲がわかず……今回は残念ながら見送り。
近いうちにリベンジしたい。

さてさて、持ち帰った玉ねぎは……

自宅に帰った筆者。早速おいしい玉ねぎをいただく。
大量ゲットしたので、調理方法も無限大だ!
まずは玉ねぎの美味しさをシンプルにいただくため、玉ねぎサラダとオニオンリングを作った。
<font color='blue' size='2'>後ろのビールと比較してオニオンリングの大きさよ!</font>
後ろのビールと比較してオニオンリングの大きさよ!
一口食べてみると……甘い!!!
淡路島産の玉ねぎは肉厚で甘みがあると人気の野菜ではあるが、同じ淡路島産の玉ねぎでも、スーパーで売っているものとは甘さが格段に違う!
再びテンションはアゲアゲ。
その日調理したものはすべておいしくいただきました。

まだまだ残っている玉ねぎ。次はどんな料理にしようかな。
そんなことを思いながら、次の淡路島上陸の計画を思い描いた。

淡路島農家の方々、皆様、ありがとうございました。
■サンライズ淡路
所在地:兵庫県南あわじ市広田広田1466-1
TEL:0799-45-1411
アクセス:
JR三ノ宮駅より淡路交通高速バス(三ノ宮–福良線)で「緑パーキングエリア」より徒歩約10分
車で向かう場合は、神戸淡路鳴門自動車道 洲本I.Cより約10分
■淡路島観光協会
淡路島へのアクセスはこちらをご覧ください。