ニュース

2021年3月29日ワールドマスターズゲームズ2021関西大会知名度は12.7%、開催地では25.1%に【第5回知名度調査】

ワールドマスターズゲームズ(WMG)2021関西組織委員会が2021年3月上旬に実施した大会知名度調査の結果、全国平均は12.7%(前回比-1.8%)、開催地※1は25.1%(-4.2%)、近畿圏※2は28.3%(-5.4%)となりました。

※1 開催地… 福井県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、徳島県の2府7県
※2 近畿圏  … 滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県の2府4県

・月1日以上スポーツを実施する層での大会知名度は全国19.1%(-2.0%)開催地 34.8%(-4.5%)近畿圏 38.3%(-6.0%)
・性・年代別では30代男性の知名度が22.3%と最も高く、40代男性18.3%、50代男性14.3%と続く。
・本大会について、魅力に感じる・参加したい気持ちが高まるポイントは、 「開催地周辺の観光やご当地グルメを楽しめる」や、「レクリエーションクラスがあるなど、初心者や自信がない人でも参加できる」といった内容に対するものが上位であった。

一方で、スポーツ庁が2月に発表した、2020年度のスポーツ実施状況調査の結果は「成人の週1日以上のスポーツ実施率」は59.9%と、前年度6.3ポイント増加しました。新型コロナウイルス感染症対策による日常生活の変化により、高まったスポーツ実施の気運を好機と捉え、今後もスポーツ愛好家層のさらなる参加促進に努め、大会準備を進めてまいります。

■ワールドマスターズゲームズ2021関西 第5回知名度調査 概要
 調査対象者を47都道府県別に抽出し、各府県別の知名度調査を実施。
  調査手法:インターネット調査
  調査地域:全国
  調査対象:30~79歳の一般男女
   ※対象者条件を満たす範囲において、ランダムサンプリング(単純無作為抽出法)
  サンプル数:4,700サンプル(47都道府県別、性年代別に割付)
  調査期間:2021年3月2日(火)~3月5日(金)

<font color='blue' size=2>【グラフ1】大会知名度</font>
【グラフ1】大会知名度
<font color='blue' size=2>【グラフ2】月1回以上スポーツ実施層での大会知名度</font>
【グラフ2】月1回以上スポーツ実施層での大会知名度
<font color='blue' size=2>【グラフ3】性・年代別の知名度、参加意向</font>
【グラフ3】性・年代別の知名度、参加意向
<font color='blue' size=2>【グラフ4】大会について、魅力に感じる・参加したい気持ちが高まるポイント</font>
【グラフ4】大会について、魅力に感じる・参加したい気持ちが高まるポイント