よくあるご質問

お客様からお問い合わせの多いご質問について以下にまとめました。
お問い合わせの前に、まずはこちらをご参照ください。

特にお問い合わせの多いご質問

「大会受付」は、大会に参加申し込みいただいた皆様の本人確認をさせていただき、ADカードの発行と大会参加者キット等の受け渡しを行います。
「競技受付」は、競技会に出場するための受付を競技別実施要項で指定された会場で行います。
諸注意の連絡を行う場合もありますので、指定された日時、場所で受付を行ってください。
競技出場者及び競技関係者は「大会受付」と「競技受付」を行っていただく必要があります(サポーターは大会受付のみ)。大会受付は競技の前日までに参加者ご本人が行ってください。
団体競技においても、参加者一人ひとりがエントリーシステムにおいて、エントリー申し込みをする必要があります。
団体競技のエントリー方法は、WEB上のエントリーシステムにおいて以下のとおり、行ってもらうことを予定しています。
(エントリー方法が異なる団体競技もあります。例:柔道(団体戦))

1 まず、代表者が「チームの代表者」としてエントリーしていただきます。このことで「チーム」のエントリーがなされたことになります。
2 このエントリー時、「チームのメンバー」が確定しているなら、代表者が、あわせてそのメンバーのメールアドレスを入力していただくと、そのアドレス全員あてに、当該「チーム」へのエントリー申込みの案内メールが自動で届きます。
3 案内メールを受け取ったチームのメンバーそれぞれが「チームのメンバー」としてエントリーを行います。

カテゴリー

参加申し込みについて

アーリーエントリーとは、Team Do Sportsポータルサイトに会員登録いただいている方が、一般エントリー開始よりも早く参加申込みいただけるものであり、この機会に、是非、Team Do Sportsポータルサイトの会員登録をお願いします。
TDSP(Team Do Sportsポータル)とは「スポーツ大会やイベントのエントリー機能」と「対戦相手やチームメンバーを探すコミュニティ機能」をメインとするポータルサイトです。
ワールドマスターズゲームズ2021関西を契機に立ち上げたサイトで、スポーツをはじめる人、チームスポーツ活動をする人、そしてそれらの活動をささえる人が集うプラットフォームの役割を持っており、大会終了後も継続して運用される予定です。
競技種目内の種別毎に定員がございます。申し込みは先着順のため、定員に達し次第、募集を締め切らせていただきます。
団体競技においても、参加者一人ひとりがエントリーシステムにおいて、エントリー申し込みをする必要があります。
団体競技のエントリー方法は、WEB上のエントリーシステムにおいて以下のとおり、行ってもらうことを予定しています。
(エントリー方法が異なる団体競技もあります。例:柔道(団体戦))

1 まず、代表者が「チームの代表者」としてエントリーしていただきます。このことで「チーム」のエントリーがなされたことになります。
2 このエントリー時、「チームのメンバー」が確定しているなら、代表者が、あわせてそのメンバーのメールアドレスを入力していただくと、そのアドレス全員あてに、当該「チーム」へのエントリー申込みの案内メールが自動で届きます。
3 案内メールを受け取ったチームのメンバーそれぞれが「チームのメンバー」としてエントリーを行います。
チームメンバーについては、2021年3月末まで登録いただけますが、2021年3月末までに、必要人数を集められなかった場合(チームが成立していない場合)、参加者の都合によるキャンセルとして扱うこととなりますので、ご注意下さい。
「30+」とは、「30歳以上」という意味で、30歳以上の方が参加できるカテゴリーになります。
5種目までは基本料金で参加いただけます。6種目目以降は1種目につき2,000円いただきます。
特別追加料金(エクストラフィー)は、下記の費用がかかる競技種目で必要となります。
○ワールドマスターズゲームズと併催する場合の世界選手権参加料
○競技用具(銃器等)の持込・輸送等の手数料
○大会参加料と比べて著しく高い会場使用料
サポーター料金には、式典参加権、各種サービス利用権、大会参加者キットが含まれます。それらが不要の場合は、大会申込をしていただく必要はございません。
なお、12歳未満の方(令和3(2021)年4月1日現在)については、大会参加料金の設定はございません。ただし、大会参加申込をされた保護者の方が付き添う場合に限り、開・閉会式にのみご参加いただけます。
日本に居住されている場合は「国内在住」の参加者としての大会参加料金となります。本人確認書類は在留カード等のご提示をお願いします。
日本国籍をお持ちの方で、日本国外に居住されている場合は「国外在住」と「国内在住」のどちらかを選択することが可能です。本人確認書類はパスポートのご提示をお願いします。
権利譲渡(ADカードの譲渡を含む)は認めていません。それらの不正が判明した場合、主催者が決定するいかなる処分(出場・表彰の取り消し等)にも従っていただきます。また、主催者はいかなる補償も大会参加料金等の返金もいたしません。

大会全般について

オープニングビレッジ、センタービレッジ、マスターズビレッジ、臨時大会受付会場にて受付します。
臨時大会受付会場を併設していない競技会場では、大会受付ができませんので、必ず、各ビレッジ等で大会受付を行ってください。大会受付会場によって受付期間・時間が異なりますので詳細はこちらからご確認ください。。
どの場所で受付を行っていただいても問題ありませんが、予め、大会参加申込時に受付場所をご指定ください。
「大会受付」は、大会に参加申し込みいただいた皆様の本人確認をさせていただき、ADカードの発行と大会参加者キット等の受け渡しを行います。
「競技受付」は、競技会に出場するための受付を競技別実施要項で指定された会場で行います。
諸注意の連絡を行う場合もありますので、指定された日時、場所で受付を行ってください。
競技出場者及び競技関係者は「大会受付」と「競技受付」を行っていただく必要があります(サポーターは大会受付のみ)。大会受付は競技の前日までに参加者ご本人が行ってください。
大会受付では、大会に参加申し込みいただいた皆様の本人確認をさせていただき、ADカードの発行と大会参加者キット等の受け渡しを行います。
スマートフォンのQRコード画面(エントリーシステムのマイページに表示)またはQRコード画面を出力した用紙と顔写真付きの本人確認書類(パスポート、日本の運転免許証、マイナンバーカード又は住民基本台帳カード(写真付)、在留カード、身体障害者手帳のいずれか1つ)が必要であり、持参されない場合は大会受付できません。
競技会に出場するための受付を競技別実施要項で指定された会場で行います。
諸注意の連絡を行う場合もありますので、指定された日時、場所で受付を行ってください。
参加される競技種目の競技会場にて受付します。
競技種目ごとに受付場所・期間・時間が異なりますので、詳しくは競技別実施要項をご確認ください。
競技受付の前に大会受付を済ませていただく必要がございますのでご注意ください。また、競技受付は競技初日の前日までにお越しいただく必要がある競技もございますので、詳細は競技別実施要項をご確認お願いします。お越しいただく場所についても、競技種目ごとの競技別実施要項をご確認ください。
受付時に身分証明書等による本人確認を行うため、代理者による受付は認められておりません。必ずご本人がお越しください。
障がい者の方でも、受付時に身分証明書等による本人確認を行うため、代理者による受付は認められておりません。必ずご本人がお越しください。
団体競技においても参加者一人ひとりが大会受付をする必要があります。
競技会場での大会受付は行っておりませんが、各ビレッジから離れている一部の競技会場では競技会場またはその付近に臨時大会受付会場を設けて大会受付を行っています。臨時大会受付会場については、こちらからご確認ください。

競技全般について

2021年4月頃に競技会場と対戦組み合わせを決定し、発表します。大会エントリーサイトからお知らせする予定です。ご自分で希望する競技会場を選ぶことはできません。
競技会に出場するための受付を競技別実施要項で指定された会場で行います。諸注意の連絡を行う場合もありますので、指定された日時、場所で受付を行ってください。
参加される競技種目の競技会場にて受付します。競技種目ごとに受付場所・期間・時間が異なりますので、詳しくは競技別実施要項をご確認ください。
各競技会場や大会ホームページで公表予定です。また、大会エントリーサイト>競技種目情報>競技結果からもご確認いただけるようにする予定です。
競技受付の前に大会受付を済ませていただく必要がございますのでご注意ください。また、競技受付は競技初日の前日までにお越しいただく必要がある競技もございますので、詳細は競技別実施要項をご確認お願いします。お越しいただく場所についても、競技種目ごとの競技別実施要項をご確認ください。

交通について

交通パスは、大会受付時にお渡しします。
大会受付前に交通パスをお渡しすることはできません。ご了承ください。
エントリー期間中に限り、国内在住者の大会参加者は別途、購入いただけます。ただし、先着順となり、①、②ともに1人各1枚ずつまでの購入となります。
①オリジナルKANSAI ONE PASS(近郊分)/3,000円(2,500円分)  
②オリジナルJR関西ワイドエリアパス(広域分)/7,000円【予定】(開催エリア内のJRを連続した7日間乗り放題)

開会式・閉会式について

大会エントリーの受付をした方は、ADカードを提示して、参加者エリアに入場できます。
また、大会エントリーされていない方は、一般客エリア(京都市美術館周辺、みやこめっせ)のみ入場できます。
競技の観覧のみであれば、料金の支払いは不要です。
開・閉会式などの式典は参加者のみ入場可能なエリアを設ける予定であるため、そのエリア内で式典を観覧したい場合は、大会参加申込みが必要となります。
開会式・閉会式ともに雨天決行です。開会式は荒天時、ロームシアター内で式典を開催予定で、会場の収容人数の関係で、入場を制限することがあります。
大会エントリーされた方は、ADカードを提示して、参加者限定エリアを含めすべてエリアに入場できます。大会エントリーされていない方は、一般客エリアのみ入場できます。

宿泊について

公式宿泊サイトでの宿泊予約を組織委員会として推奨していますが、大会参加者が判断して他の予約機能を利用しても結構です。
大会参加者と同様にお申込み可能です。

飲食について

各店舗にてご確認をお願いします。

ボランティアについて

障がいがある方等、特別な事情がある場合は、個別にご相談させていただきますので、ボランティアデスクにお問い合わせください。
個人ボランティアの方は、研修への参加が必須となります。団体、グループボランティアは、代表者の方のみ必須となります。
ボランティアの研修は2021年3~4月頃を予定しております。
研修内容は、ワールドマスターズゲームズ2021関西の概要、ボランティアとしての心得、担当活動の内容などの研修を予定しております。
大会参加とボランティア参加の両方をエントリーすることは可能ですが、ボランティア活動に支障をきたすことがないよう日程等に留意いただきますようお願いします。
複数の会場でボランティア申込することは可能ですが、活動場所や移動距離を考慮して、ボランティア活動に支障をきたすことがないように留意してください。

インクルーシブについて

ワールドマスターズゲームズ2021関西では、全35競技59種目を一般部門として実施し、うち13競技19種目について、障がい者部門を設置します。

【障がい者部門(13競技19種目)】
アーチェリー(アウトドア、インドア)、陸上競技(トラック&フィールド)、バスケットボール(車いすバスケットボール)、カヌー(マラソン、スプリント)、自転車(トラック、ロードレース)、柔道(視覚障がい者柔道)、ボート、射撃(クレー、ライフル)、水泳(競泳、アーティスティックスイミング)、卓球、テニス(車いすテニス)、トライアスロン(トライアスロン、デュアスロン)、バレーボール(デフビーチバレーボール)

さらに、一般部門のうち12競技20種目について、障がい者に対して合理的な配慮を行う「(一般部門への)障がい者の参加に配慮する競技」として実施します。

【(一般部門への)障がい者の参加に配慮する競技(12競技20種目)】
陸上競技(トラック&フィールド、10kmロードレース、ハーフマラソン)、カヌー(マラソン、ドラゴンボート)、自転車(マウンテンバイク、BMX)、サッカー(サッカー、フットサル)、グラウンド・ゴルフ、ラグビーフットボール、セーリング(セーリング)、スカッシュ、水泳(競泳、アーティスティックスイミング)、ボウリング、トライアスロン(トライアスロン、アクアスロン、デュアスロン)、綱引

〇 障がい者が参加可能な競技は、この2つを合計した20競技33競技(重複を除く)になります。

外国人対応について

日本語、英語で対応を予定しています。
日本語、英語、中国語(簡体・繁体)、韓国語で対応しています。
大会期間前(2019年11月20日~2021年4月30日)は、日本語のみの対応となります。
大会期間中(2021年5月6日~5月30日)は、日本語、英語で対応する予定です。
日本語、英語の2言語で大会ホームページ、大会エントリーサイト、各競技会場で公表予定です。
現在、会場周辺の既存施設への案内を行うか、仮設による設営が可能か検討しております。全ての施設で準備を整えるのは困難ではありますが、ご要望があった際には、できる限りの対応をさせていただきます。
来日にビザ取得を要する国から出場される際、ビザ取得を少しでもスムーズにする必要性については認識しております。現在、方針について検討中です。
ビザの取得に関しての詳細についてはお住まいの国・地域の日本大使館・領事館にお問い合わせください。

観光文化について

大会ホームページの観光情報のページ等をご覧ください。
また、「WMG特別体験プラン」サイトもご用意しています。このサイトの体験プログラムの申し込みは2020年2月から申込開始となります。

その他

大会ロゴやスフラを使用するにあたっては、ライセンス料が発生します。詳しくは、こちらをご参照ください。
大会エントリーサイトのマイページにおいて印刷いただけるようにする予定です。
主催者にて傷害保険に加入しますが、その保険対象は、「競技出場者及び競技関係者」の「競技会場内において競技中に負った傷害」のみが、対象となります。大会参加中のあらゆるリスクをカバーするものではありません。
従いまして、大会参加者は、各自、大会期間中の疾病・傷害等について、必要な保険(傷害保険、旅行保険、医療保険等)に加入してください。
また、競技種目によって、特定の保険に加入することが必要な場合がありますので、詳細は競技別実施要項をご確認ください。
主催者は一切責任を負いませんので、余裕をもって会場にお越しください。
競技別実施要項に定めがない限りは、参加者の服装に特に制限はありません。
各ビレッジや各競技会場については、Free Wi-Fiの設置を行う予定です。
空港、駅、ホテル、観光施設など移動区間、宿泊先、観光地などでの通信環境につきましては、お手数ですが、各自でお調べください。